【セルフネイル】ガーゼクリーン基本のやり方ポイントと注意点

ガーゼクリーンとは、ガーゼを使ったネイルケアのこと!
検定などでは当たり前ですが、セルフネイルの方だとこのガーゼクリーンをよく知らない…という方も多いですよね。

そこで今回はガーゼクリーンの基本のやり方と注意点についてご紹介いたします。

【セルフネイル】ガーゼクリーン基本のやり方

ガーゼクリーンとは?

メタルプッシャーで甘皮を押し上げ、ルースキューティクルを除去しても、爪にがっちりと張り付いてしまったルースキューティクルは取り切ることができません。

そこで、濡らしたガーゼでこのルースキューティクルをこすり落とします。
こでが、ガーゼクリーンです。

ガーゼクリーンの基本のやり方

【セルフネイル】ガーゼクリーン基本のやり方ポイントと注意点

ガーゼはしっかりと親指に巻き付け、巻き付けたまま小皿などにためた水につけて、ガーゼを濡らします。

キューティクル周辺をガーゼでくるくると円を描くようにこすって、ルースキューティクルを除去します。

フリーエッジの裏にも、ダストやバリが残っていることがあるので、ガーゼで拭いて除去します。

【セルフネイル】ガーゼクリーン基本のやり方ポイントと注意点

ガーゼクリーンでも取り切れないキューティクルやささくれは、キューティクルニッパーで切り取ります。

ガーゼクリーンとキューティクルニッパーを交互に行い、ガーゼクリーンを含む、クリーンナップを完了させます。

【セルフネイル】ガーゼクリーンの注意点

【セルフネイル】ガーゼクリーン基本のやり方ポイントと注意点

余った部分は手の中に

親指に巻いて余ったガーゼ部分は、手の中に握りこむようにして収めましょう。
検定試験ではガーゼが出ていたり、机についてしまったりすると衛生管理不足となり減点対象となります。
セルフネイルでも衛生面を考え、ガーゼをしっかりまとめて持つようにしましょう。

こすりすぎには注意

濡らしたガーゼでキューティクル周辺をこすることで、皮膚が柔らかくなりルースキューティクルがとれやすくなりますが、正常な皮膚もこすれやすくなっています。
強くこすりすぎてしまうと、皮膚がめくれてしまうなどのトラブルにつながりますので、注意しましょう。

ポケット内のダストも取り除く

ガーゼを折りたたむなどして、ポケット(指と爪の間)内に残ったダストやキューティクルも掻き出して除去しましょう。
ポケットがパカッと開かない場合は、押し上げ不足の可能性もあります。キューティクル地ムーバーなどを使ってからメタルプッシャーで押し上げると、根元からしっかり押し上げることができます。

まとめ

いかがでしたか?

セルフネイルの方だとガーゼを使ったネイルケアをしている方は少ないかもしれませんが、細かい部分のキューティクルをしっかり落とすことができるので、ジェルネイルのもちも変わってきます。

甘皮ケアの基本として、一度試してみてくださいね。

 
セルフネイラーにおすすめのWEBレッスン(無料)

>>無料レッスンの詳細はこちら<<